イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

シエナ観光

2008年以来2度目のシエナへ。
フィレンツェのサンタマリアノベッラ駅の向かって左手に長距離バス、青色のプルマンの乗り場があります。
シエナ行きは結構本数があり、移動時間は1時間半〜1時間40分程度です。

シエナに近づくとトスカーナらしい景色が見え、グリーンの丘に小さなお家と、糸杉。
まるで絵のような景色を楽しむ事ができます。

バスは最終地点で降りると旧市街の中心地なので、最後まで乗り続けていればシエナのメインのバス停留所に到着です。

メインのカンポ広場のマンジャの塔は滞在時間は15分と決められていて、この時期は16:00までだったので、15:00ごろから登りました。
景色に夢中になり、写真を楽しんでいたら、係員の人に、もう15分以上いるから降りてーと言われて、でも、あと一枚写真撮らせてー!とお願いしたところ、本日最終の客だったこともあり、仕方ないなぁ〜と撮らせてくれました。
優しい!
マンジャの塔に登るとシエナの街の美しさが堪能出来ますよ!
高所恐怖症、閉所恐怖の方は登る時にとても暗くて狭いので、大丈夫な方は是非登ってみてください( ^^)

カンポ広場の一角にあるレストランで、自分たちのcantinaワインセラーの写真をメニューのところに掲載していました。
この写真のcantina見れますか?と聞いてみたら、いいよーどうぞ!っと言ってくれたので、見せて頂きました。
このcantina含め、シエナの旧市街のエリアは、だいたい1300年代の状態が残っていて、手で
洞窟を掘ったあとが見れます。
cantinaの中は意外にも暖かく、デリケートなワインのために、温度管理と湿度管理をしていると説明してくれました。

f:id:nazucci:20160214065503j:image

f:id:nazucci:20160214065530j:image

シエナではcintaチンタという黒豚のサラミ、プロシュートやお肉料理が楽しめます。
ぜひ試してみてください。
写真は、cintaのサラミ盛り合わせと、piciピチという太めのパスタ、牛肉のステーキです。
一番気に入ったのは、白玉ねぎとピスタチオのカプチーノと表記されていたスープ。
とても美味しかったー!!
f:id:nazucci:20160214070011j:image

このお店にもフィレンツェのビステカがメニューにあったんですが、だいたいどこのレストランも、お肉1キロからの注文になるので、5人ぐらいいると頼めるんですけど、いつも1人か少人数なので、過去に1度しか食べた事がないです。残念!
でもそれ以外でも美味しいものたくさんあります⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

翌日訪れたシエナのドーモも久々で、こんなに見所あったのか?と記憶になかったんですが、ドーモが大変大きいので、4箇所見れるチケットのセットか、もう少し広い範囲を見れるチケットの2種類がありました。
ドーモも管理され、以前訪れた時よりも修復が終わり、だいぶ色々保護された印象を受けましたが、シエナのドーモは細かなデザインなのに手を抜かない装飾の多さ、レリーフの迫力、丁寧に作られているのを感じる好きなドーモの1つです。ここは時代背景が混在していますね。
f:id:nazucci:20160214070858j:image

f:id:nazucci:20160214070936j:image

f:id:nazucci:20160214070917j:image

f:id:nazucci:20160214071033j:image

f:id:nazucci:20160214071132j:image


nazuphoto.com