イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

フィレンツェ散策

今回はフィレンツェで仕事も兼ねていたので、観光はそんなにしてないですが、フィレンツェもだいぶお店が入れ替わった印象です。
2002年に美術研修旅行で、2008年に2カ月の短期留学で、2012年は電車乗り換えで昼間立ち寄る程度だったので、なんと、宿泊したのは8年ぶり!! 時は恐ろしい。。
でも案外地理は覚えているもので、小さな街の中をウロウロするのは楽しいですね。

中央市場はすっかり現代風な中身になり、二階はフードコート、一階は昔ながらの市場とお土産屋という感じでした。
二階のフードコートは現代風で、イタリアの食べ物を気軽に楽しめます。困ったらここに行けば何かしら美味しいものが食べられるし、気兼ねなく時間が過ごせると思います。
下の市場は17:00〜18:00頃には閉まるので、市場を見る方はあまり遅く行かない方がいいですね。

二階はフルーツや野菜が大量に売っていたのを覚えています。昔ながらの市場がなくなってしまったのは少し寂しいですが、8年も前の事、、仕方ないです。

フィレンツェといえばトスカーナ料理ですね。
レストランで舌鼓をしたり、美味しい釜焼きピッツァをまだ食べていなかったので、アパートで教えて貰ったオススメのピッツェリアに行きました。ピッティ宮のすぐ裏にあるGusta pizza、人が絶え間なく来て大人気のお店でした。席が足らなくて、私たちは英語圏の女子と相席に。
ちょうどバレンタインだからか?なんと女子にはハート型のピザで仕上げてきたサプライズ
隣の席の旅行客がそれを見てメチャテンション上がってました。私たちよりテンション上がっていたので、思わずハッピー度が増しました。

なかなかサービスのいいお店で、ピッツァオーロが観光客にピザ生地を渡して生地をクルクル伸ばせるか?と頼んで楽しませてくれました。

ピザは大変美味しかったけど、ソーセージとほうれん草とモッツァレラのお店オリジナルのボリュームなピザを頼んでしまったので、私には量が多くて半分持ち帰り。アパートが近くてよかった。
f:id:nazucci:20160214225157j:image

f:id:nazucci:20160214225556j:image

サンタマリアノベッラの前ではバレンタインイベントで、沢山のチョコレート屋さんが並んでいました。美味しい匂いに誘われて行くと、沢山試食をさせてくれます。
チョコカップで飲むチョコリキュール、フルーツをチョコで包んだり、ワッフルチョコや、色んなチョコレートの種類。
誘惑に負けますね。私は友達に勧められ、生チョコってやつを買ってみました。
火にかけていないチョコ。一枚で4€、3枚で10€だったけど、選ぶのに迷って4枚ならいくら?って聞いたら、12€でどお?と言ってくれたので、それじゃぁ❤️と購入。

フィレンツェはアートの街だけど、買い物の街でもあるので、至る所に誘惑があります。
ついつい財布の紐が緩んでしまいました。
f:id:nazucci:20160214230647j:image


nazuphoto.com