イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

フィレンツェで残すウエディングフォト

初めてイタリアに訪れたのは2002年の3月。もぉ14年も前になるのです。

時の早さに驚きます。
それから少ない給料を貯めては何度もイタリアに通い、語学を始めるようになり、イタリアの光と影の部分を自分の足と目で見て感じ、たくさんイタリアから得るものがありました。
 
イタリアにはとても美しい景色、歴史が溢れています。
まだまだ訪れたい場所があります。
 
日本人は新しいものを常に取り入れながら進化させていく。そおいう事が得意で、便利で、毎日モノに溢れた文化の中で生きていると、イタリアでの不都合というのは、むしろ新鮮で、懐かしいものでもあります。
生きる事はどおしてもモノが増えていく。
でも、イタリアで生活していると本当に必要なモノってそんなに無かったりします。
 
心が自由になるイタリア。その理由はこんな事からかもしれません。
 
前回素敵な写真集を見つけて、すっかり魅了されてます。
この秋にまたイタリア行きを検討しています。
撮影の為に行きます。
もしご都合とご予算あるかた見えましたら、被写体になってください。
 
f:id:nazucci:20160521190149j:image
 
トスカーナ地方、オルチャ渓谷、キャンティ、フィレンツェ辺りを中心に撮影予定です。
気になる方はお気軽にご連絡ください。
イタリアでお会いできるのを楽しみにしています。
mail: italia@nazu-photo.com
HP: nazuphoto.com
 
インスタグラム写真ギャラリー
 
f:id:nazucci:20160521185913j:image
↑こちらは今年2月の撮影より