イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

フィレンツェの革文化を感じに

ずいぶんと前になってしまいましたが、少し懐かしい写真が出てきたので、思い出してみたいと思います。

 

2008年 私は5年勤めた会社を退職して、2ヶ月間フィレンツェに行きました。

本当は3ヶ月の予定でしたが、あまりにもユーロが高くなってしまって、予算オーバーになるため3ヶ月にとどめたんです。

その代わり締めくくりにオーストリアに立ち寄って1人旅を堪能して帰国したんですけど。

 

仕事をやめて、何が自分には向いていて、何がやりたいのかかなり迷っていた時期でした。

とにかく3度目のイタリアに行くことは決めたので、この長期間に何をしよう?

と色々考えた結果、当時無性に革に興味があったので、いつか革鞄の職人になろう!なんて思って軽い気持ちで革鞄が学べるスクールを選びました。

それが、フィレンツェにあるアカデミアリアチ。

 

しかし、2ヶ月なんていうのは大変短い期間で、学校にあった機材も老朽化していて、こんな短期間で一から学ぶのはそもそも難しかったんですね。

それでも入れ替わりのある日本人とアパートをシェアしながら学校に通い、いい出会いがありました。

 

それにこの時はイタリア語なんて話せない状態で行ったので、より日本人同士が一緒にいることになるんです。そんなこんなで皆んなで情報交換したり、幅広い年齢層が集まって小旅行に出かけたり、かなりお気楽に楽しく生活していました。

 

こんな状況で、ある日幼馴染みが遊びに来て、2週間滞在していきました。

彼女は独学でポルトガル語をやっていたので、私のイタリア語に比べれば、彼女の理解力はかなり高いものでした。

友達が現地の人々とどんどんコミュニケーションをしていく様子を見て、話せたらもっとイタリアが好きになるかも。なんてふと思ったのです。

 

私の語学はこの帰国後の秋から、のらりくらりスタートしていきます。

 

結局革のスクールで得た物は、革の工程の理解と、学校体験、日本人の友達、語学勉強のきっかけ。でしたね。

何がどうつながっていくのか分からないですが、とても楽しいいい思い出が出来ました。

 

若いうちに多くの刺激と冒険を重ねてきた結果、イタリアとの交流を深めたいと思うようになり、自分の中で大切にしたい気持ちです。

 

写真はスクールでの記念。学生パンフレットみたいで初々しい。

 f:id:nazucci:20160608131231j:image

f:id:nazucci:20160608131214j:image