イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

ミラノからバイオリンの町、クレモナへ

今日はミラノからクレモナ Cremonaへ日帰り散策です。

10:20にMilano Centraleで乗り継ぎなしで行けるので滞在4時間ほどでしたが、慣れない道をふらふらと気ままに歩きながら、どんな街並みかを楽しむには丁度いい時間でした。

 

クレモナは、バイオリン製作の町として知られ、アントニオ・ストラディバリがこの町で製作したストラディバリウスは世界中に知られていますね。

ここには、バイオリン博物館、Museo del Violinoがあり、美しい建物の中に分かりやすくバイオリンの歴史が紹介されています。

もちろんアントニオ ストラディバリが製作したバイオリン達も見ることができます。

私のオススメは、3番の空間にどんっとある演奏ビデオの空間がおすすめでした。

f:id:nazucci:20161101000533j:image

 

f:id:nazucci:20161101000548j:image

 

 

コムーネ広場 Piazza del comuneにある大きなドーモは12:00過ぎ頃までで閉鎖されます。その後また開くのかは記憶していませんが、もし見たい方は時間のチェックをお忘れなく!

 

隣の高い鐘の塔、トラッツォ Trrazzoは13:00まで空いていて、その後お昼休憩をはさんで営業再開します。何時から再開なのか見落としててすみません。多分14:00とかでしょうか?

この霧の多い時期は、登るなら霧が晴れる昼前後がいいかもしれません。

塔の高さは111mで、なかなか体力が必要です。私は登りはよかったですが、下り終わったら、足の筋肉がガクガクになってしまいました。笑

 f:id:nazucci:20161101000707j:image

 

f:id:nazucci:20161101000712j:image

 

インフォメーションはこのトラッツォの向かいにある建物で、木で出来た渋い空間になります。ここで地図を貰っておくと迷子になっても安心かもしれません。

 

15:30 クレモナ発、ミラノ行きの電車に揺られながら書いています。

丁度今、Mandarino みかんに似たフルーツをおばさま達が食べ出して、車内が甘酢っぱい香りに包まれました。笑

 

 

今回、初めてのスタイルに出会ったので少しだけ追記します。

電車の中である文字がかかれた紙をポンポンと置いて来た人がいました。行きも帰りも。

この紙には、自分には子供が二人いて、仕事がなく困っているので、気持ちの小銭か食べ物を恵んで欲しいと書かれていました。

それから、少しすると置いて行った紙と気持ちの小銭を回収に来ます。もちろんこれに賛同するかどうかは個人の自由ですが、過去に経験があるのは、見た目は普通の男性が口頭で言いながら集金するスタイルだったので、少しずつ色々な変化を感じます。

 

 

 

2017年、6/2〜20でウェディングの後撮り、ハネムーンフォトの撮影者募集中。
nazuphoto.com
からアクセスください。