イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

イタリアで撮る前撮り、ハネムーンフォト

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は婚礼の撮影オンパレードでバタバタと過ぎて行きました。

 

さて、最近秋のイタリアでの撮影のお問い合わせが増えております。

ふと思ったんですが、前撮りをイタリアでされるのもオススメだと思います!

その写真を結婚式で使ったり、アルバムにして結婚式で皆んなに披露したり、待ち時間を楽しんで頂けるのも楽しい方法ですよね。

 

私が結婚した2009年は前撮りでロケなんてまだまだ走りだしの頃で、新しい事だったんですが、今では前撮りのロケーション撮影、ハワイなどの人気な国でハネムーン撮影は随分と浸透して来ていますね。

 

昔はまずは結婚式をして、それから入籍、写真も写真室でパチリとフォーマルな型写真を記念として残すのが主流だったのに、デジタルカメラの普及とともに、結婚の流れも大きく変わって来ましたね。

今では結婚式前に入籍、前撮り撮影を済ませてしまう方も多く、中にはハネムーももぉ済ませてます!というカップルに会う事もあります。

 

また、一時期は大人数を呼ぶスタイルが流行っていましたが、今では色々な選択枠が増えて、結婚式はシンプルに親族だけという方もいらっしゃいます。

和装にこだわって神前式で挙式をして、その後親族との会食を取る方、ハネムーンを兼ねて事前に海外でドレスで前撮りをされる方、パーティー形式でご友人多めに結婚式をされる方、結婚される新郎新婦の環境や繋がりからたくさんの結婚式があります。

 

私は、結婚式の仕事に携わって今年で15年になります。

その間、名古屋、東海エリアを中心に多くの式場、多くのカップル、多くの家族の形を見て来ました。

どの結婚式も家族や2人で決めた良さがあるのが分かります。例え場所や大まかな進行が同じでも、人が変わると毎回違うものになり、良さがあります。

 

この秋、せっかくお問い合わせを頂いていますので、もし、9月末から10月前半でイタリアでの前撮り、もしくは結婚式後の後撮り、ハネムーンフォトをされたい方が見えましたら、お問い合わせ下さい。

 

今回はブライダルシーズン真っ盛りのため、短期集中での撮影の渡航となります。

その為、6月末までにプランによりますが、確定者が3組から6組揃わないと実施出来ません。

お得な撮影をご希望の方が見えましたらご検討頂けると嬉しいです。

 

下記ホームページにアクセス頂き、お問い合わせ下さい。

italia-weddingphoto.com

f:id:nazucci:20170508231559j:image

f:id:nazucci:20170508231708j:image

f:id:nazucci:20170508232600j:image

f:id:nazucci:20170508231813j:image

 

 

 

3月2日〜30日まで ヴェネツィア写真個展

ウェスティンゴヤキャッスルの一階ロビーにて、現在写真個展を行なっています。

2017.03.02〜03.30 期間中、お時間関係なく終日ご覧頂けます。

 

滞在予定は下記の通りです。

3/8,15,22,28,30 午後13:00〜17:00ごろまで

http://www.castle.co.jp/wnc/event/wnc_gallery/index.html

 

f:id:nazucci:20170308191815j:image

 

◼︎作品紹介文

 

Venezia ヴェネツィア


世界中を魅了する水上都市ヴェネツィア
そんな不思議な街を追いかけ、2014年、2016年と3週間ずつホームステイへ。

出迎えてくれたのは、1匹の犬と4匹の猫と暮らす優しく仲のいい老夫婦だった。
住まいは、なんと1300年代には教会として使用されていた建物だ。
その後貴族の手に渡りオーナーが入れ代わった現在の建物。
それは、まるで重厚感を放つ美術館のようで圧倒された。
現在キッチンとなった場所は、外観から唯一教会の鐘の塔だった面影が感じられる。

彼らが語り継ぐヴェネツィアの歴史と現在は決して美しいだけのヴェネツィアではなかった。
この街で生活し歩き回ってみると、彼らが日常とする「美」が見えてきた。


f:id:nazucci:20170308194758j:image

 

f:id:nazucci:20170308194829j:image

 

 

現在6月ジューンブライドのハネムーン撮影募集中です!

 http://www.italia-weddingphoto.com/

 

 

 

 

 

2017年6月ハネムーンフォト募集のお知らせ

昨年から緩やかに準備をしてきました、イタリアでのハネムーンフォト。

2017年6月の撮影者を募集中です。

 

 結婚を機にイタリアでの前撮り、後撮り、ハネムーンフォトなど、記念に残るお写真をお考えの方、美しいイタリアの中で一生の思い出に残るロケーション撮影はいかがでしょうか?

大変お得な撮影期間はこちらです😊✨
2017年6月2日〜20日🇮🇹

(すでにご予約済みの場合がございますので、撮影日は、お早めにお問い合わせ下さい。)

 

イタリアに魅了され続ける日本人ウェディングフォトグラファーが、お二人の思い出に密着撮影します!

10年以上ウェディングの仕事に携わり、多くの日本の結婚式場にて撮影経験がありますので、こちらもご安心下さい。

ウェディングとイタリアに慣れたフォトグラファーがお届けする新感覚のハネムーンフォト。
おしゃれな街ミラノ、まるでテーマパークのようなヴェネチア、中世芸術の街フィレンツェ、青い海が美しい王宮王国ナポリなど各地で撮影ができます。

 

特に夏のナポリは真っ青な空と海、王宮での写真など、楽しみがいっぱいです😊


半日撮影コース、68,000円(税別)から🇮🇹
ご希望のお日にちは先着順となります。

詳細はホームページよりご覧頂けます。

 

▶︎お問い合わせはHPの問い合わせフォームよりお願い致します。
ホームページはこちらです↓

italia-weddingphoto.com

 

f:id:nazucci:20170218213722j:image

 

 

オリーブ収穫祭に参加しました

今日は東京でオリーブオイル収穫を楽しむイベントに参加しました。
先月フィレンツェでオリーブ収穫のお手伝い&撮影をして来まして、その時のオリーブオイルが、今日やっと皆さんに楽しんで頂けました⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

 

美味しいサルデーニャ料理に美味しいサルデーニャ産のワイン、そして出来立てのオリーブオイル、イタリアをもっと身近に感じたいと、イタリア好きが集まり楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

私もスライドショーでイタリアの風景やイタリアでのエピソードを交えながら、ウエディングフォトの撮影もアピールさせて頂きました🇮🇹😊

普段撮影ばかりであまり表に出る機会がありませんが、こうして繋がる輪、広がる世界を楽しめて私も幸せです。
皆さんの幸せそうな笑顔が心に残る一日となりました。

 

素敵な機会を用意して頂きありがとうございました😊

 

f:id:nazucci:20161203185832j:image

f:id:nazucci:20161203185850j:image

f:id:nazucci:20161203185956j:image

 

来年のフォトウェディングも募集しております。

📷 2017年6月2日〜20日の期間 🇮🇹

ヴェネチア、ミラノ、フィレンツェナポリ、ローマ、チンクエテッレなどのエリアで、フォトウェディングをされたい方はお気軽にお問い合わせください。

 

インスタグラムやホームページもご覧下さい。

HP:  nazuphoto.com

インスタ: https://www.instagram.com/nazuphoto/

 

f:id:nazucci:20161203191314j:image

 

 

 

飛行機の乗り継ぎ

飛行機の乗り継ぎで一度乗り継ぎ空港で再度チェックインをしなければいけない事がありました。

 

今回の帰国便、

ナポリ→ローマ     アリタリア

ローマ→モスクワ→成田      アエロフロート

 

という飛行機の取り方になりました。

前回もフィレンツェ→ローマはアリタリアで、その後のモスクワ経由アエロフロートだったのですが、その時はとくにチケットの問題はありませんでした。

 

しかし、今回ナポリでチェックインした際に搭乗券はローマまでしか貰えず、再度ローマでチェクインするように言われました。

荷物だけは成田まで行くので途中取りに行かなくてもいいと言われて、そのような状況は初めてでしたので、少し不安になりながらもローマで乗り継ぎエリアから一度出て、再度ローマでチェクインカウンターに向かいました。

その時、チェクイン担当者から荷物の事を聞かれ、東京までいくと言われたと伝えたのですが、担当者が、その経由が私の手荷物シールが途中で切れているため、わかりません。でも、東京までいくならいいんだけど。と不安な事を言われて、再度アリタリアのチケット販売窓口に行き聞くことにしました。

実際には、この聞く作業にも誰に尋ねたらいいのか分からず、何人かに聞いてまわりやっとアリタリアのチケット販売窓口で口頭でしたが、確認がとれたので一安心し、再度搭乗手続きをしてローマから旅立つ事になりました。

 

この時の乗り継ぎ待ちが3時間以上ありましたので、こういった慣れない事でもなんとか事を終えましたが、最初のチェクインから最後まで搭乗券が貰えない場合がある事が分かり勉強になりました。

 

格安飛行機利用など、国内、国外での乗り継ぎが多い場合、または空港会社が違う場合は、乗り継ぎ時間に注意してください。

 

私がモスクワで乗り継ぎ手続きをしている際、前にいた外国人の男性が搭乗券を持っておらず、再度チェクインカウンターに行くように言われていました。

搭乗券がない事に気がつかず、更に時間の余裕がない乗り継ぎの場合、冷や汗ものですね。

 

皆さんもそんな時があった時にはお気をつけください。

 

 

 

2017年6月にイタリアでのフォトウェディング撮影者を募集しております。

詳しくはホームページよりご連絡下さい。

nazuphoto.com

 

 

 

 

ナポリ、日曜日も開いてるスーパーはこちら

地元の人に教えてもらいました。

Gran gust グラングストというちょっとお土産も売ってる小綺麗なスーパーが出来たそうです。

日曜日でも22:00まで空いているのでありがたいですね!(^^)

 

f:id:nazucci:20161115044332p:image

 

場所は地下鉄、Universita駅から港に地図を見て頂いて、港沿いの大きな道、via nuova marina とporta di massa ポルタ ディ マッサ通りの突き当たりにあります。

Google mapで出てきます。便利な世の中ですね!

 

 

2017年6/2〜20でイタリアハネムーンのカップルの後撮り撮影を募集しています。

お問い合わせはホームページをご覧ください。

nazuphoton.com

ナポリってどんな街?

今回のナポリは3度目ですが、実はあまり街を知りませんでした。地理を十分に理解するほど歩いていなかったし、8年ぶりなので色々忘れています。

 

フィレンツェ滞在中、に遊びに来ていたナポリっ子と友達になり、別れの際、ナポリで会おうと言って、本当にナポリで再開することになりました。

 

エノテカやバーの立飲み場はナポリっ子の社交の場。仕事終わりから繰り広げられる小さな路地の溜まり場はすっかり、常連のアペリティーボで埋め尽くされます。

 

自己紹介で握手をし、ほっぺを付けて挨拶を繰り返し、みんなとドンドン友達になっていきます。正直名前言ってもお互い覚えきれません。笑

 

ナポリで感じたのは、大まかな地理を把握してしまうと意外と歩きやすい街だという事。

危険だというのも一部の路地を除けば、夜中まで街中は盛り上がってる場所が多いので、まぁそれなりに身の危険は少ないという事。

 

他の街に比べると地元の人が多く、子供もたくさん見かけます。

生き生きと生活しているこの街は友達を作る事で面白さがより見えてきました。

 

しかし、南イタリアの玄関口ナポリ。日曜日はあちこちで店が閉まります。

最寄りの島への船もオフシーズンに入る11月からは本数が減ります。早めの確認と行動がいいかもしれません。お気をつけくださいね!

 

この他ですと、何と!長年工場中だった地下鉄がひとまず開通しました!

少しだけ便利になりましたね。でもまだローマ時代の遺跡が出てきて、のんびり進めているようです。

 

f:id:nazucci:20161115044025j:image

 

2017年、6/2〜20でハネムーンの撮影募集中です。

詳しくはホームページをご覧ください。

nazuphoto.com