イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

語学を始めるきっかけ

イタリア語を少しずつ習い始めて丁度6年目になる。

英語は最初面白いと思ってアメリカ人のペンパルを作ってみたり、高校一年の夏休みにはオーストラリアのパースに2週間ホームステイしたりしたけど、基本的に英語は得意じゃなかった。
それでも現地で何かを伝えたいとか、コミュニケーションを取ることには積極的に出来ていたんだと思う。
もともと語学に興味があったわけではなくて、外国という異国に興味があったんだろう。生活の違いや風習文化の違いが面白いと思った。
 
私がイタリア語を始めたきっかけは3度目のイタリアでフィレンツェを中心にに2ヶ月滞在していた時。
幼馴染の友達が私の誘いにのって2週間遊びに来たのだ。彼女は私がイタリア語をある程度勉強しているだろうと思ってイタリアで合流した。
でも、その時の私は通勤の電車の中でイタリア語ラジオのCDを聞いていたものの、そんなのが頭に入るわけもなく、まさにイタリア語初心者だったのだ。
私の冴えない英単語と挨拶のイタリア語だけで観光やちょっとした生活はできていたから。
 
そんな私とポルトガル語を勉強し続けている友達、二人で旅行をしたり、下宿先のアパートでの生活で、友達は、会う人、会う人に「ねぇ、ポルトガル語は分かる?」と尋ねて、そのまま相手があまり分からなくても語源が似ているせいかなんとなく友達が話す事を相手も理解し、イタリア語と、ポルトガル語の不思議な会話が成り立っているのを目の当たりにした。
語学が出来ないと、人と会話を楽しむ事は出来ない。自分にはない友達の姿を見て、なんだか面白そう。と思ったのを覚えている。そんな感じで私の趣味のイタリア語学習が始まった。
のんびりのんびり特に習得目標や目的があるわけでもなく始めたイタリア語だけど、大人になって習い事をして、こうして続くという事は、語学もイタリアも好きなんだと次第と実感したのだ。
勉強は得意じゃない。だけど、好きな事なら続けられる。面白いって感じる心は無限大。この想いがある限りしっかり習得したいと思っている。
 
まだまだ作りかけですが、イタリア写真をご覧頂けます。