イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

飛行機の乗り継ぎ

飛行機の乗り継ぎで一度乗り継ぎ空港で再度チェックインをしなければいけない事がありました。

 

今回の帰国便、

ナポリ→ローマ     アリタリア

ローマ→モスクワ→成田      アエロフロート

 

という飛行機の取り方になりました。

前回もフィレンツェ→ローマはアリタリアで、その後のモスクワ経由アエロフロートだったのですが、その時はとくにチケットの問題はありませんでした。

 

しかし、今回ナポリでチェックインした際に搭乗券はローマまでしか貰えず、再度ローマでチェクインするように言われました。

荷物だけは成田まで行くので途中取りに行かなくてもいいと言われて、そのような状況は初めてでしたので、少し不安になりながらもローマで乗り継ぎエリアから一度出て、再度ローマでチェクインカウンターに向かいました。

その時、チェクイン担当者から荷物の事を聞かれ、東京までいくと言われたと伝えたのですが、担当者が、その経由が私の手荷物シールが途中で切れているため、わかりません。でも、東京までいくならいいんだけど。と不安な事を言われて、再度アリタリアのチケット販売窓口に行き聞くことにしました。

実際には、この聞く作業にも誰に尋ねたらいいのか分からず、何人かに聞いてまわりやっとアリタリアのチケット販売窓口で口頭でしたが、確認がとれたので一安心し、再度搭乗手続きをしてローマから旅立つ事になりました。

 

この時の乗り継ぎ待ちが3時間以上ありましたので、こういった慣れない事でもなんとか事を終えましたが、最初のチェクインから最後まで搭乗券が貰えない場合がある事が分かり勉強になりました。

 

格安飛行機利用など、国内、国外での乗り継ぎが多い場合、または空港会社が違う場合は、乗り継ぎ時間に注意してください。

 

私がモスクワで乗り継ぎ手続きをしている際、前にいた外国人の男性が搭乗券を持っておらず、再度チェクインカウンターに行くように言われていました。

搭乗券がない事に気がつかず、更に時間の余裕がない乗り継ぎの場合、冷や汗ものですね。

 

皆さんもそんな時があった時にはお気をつけください。

 

 

 

2017年6月にイタリアでのフォトウェディング撮影者を募集しております。

詳しくはホームページよりご連絡下さい。

nazuphoto.com