イタリアの魅力
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアに魅了された女性カメラマンが綴るナマのイタリア

毎回多くの出会いと冒険を楽しませてくれる魅力の国

旅の始まり、モスクワからミラノへ

今回も前回と同じく、アエロフロートを利用。

成田→モスクワ→ミラノ でミラノに向かう機内で書いています。

 

隣に座ったイタリア人男性、ユーモアたっぷりで、ジョークが多すぎて、たくさん話しかけてくるものの、それがジョークなのか、会話のキャッチボールなのか分からず最初戸惑った。

例えば、機内食中、「もしよかったらフレッシュな寿司を食べるかい?」って聞いてきて、私はポカーンです。

寿司?寿司ないよ?内心この疑問で満たされていた。

日本は深夜の時間帯。私は徹夜のような眠さでユーモアたっぷり元気なイタリア人についていけなかったのです。

 

そして、もう1つ、座席の下から度々足がニョキニョキ伸びてきて私の足に当たるのです。

子供じゃないですよ。いい大人の男性が足を伸ばしてリラックスしているんです。

靴を脱いだ私の足に当たるのも御構い無しに度々伸びをしてくる。私も足で当たってますけど?居ますけどアピールを一応してみるものの関係ないようだ。

 

この光景、心の中で笑ってます。

あぁ、イタリアだ。

 

 

そして、睡魔が襲い、頭がなんとなくぼーっとしている中マルペンサ空港に到着。

夜の到着の為、空港近くのideaという新しいホテルを予約していたのでタクシーに乗ろうとしたところ、タクシー乗り場の出口でうっかりボッタクリタクシーの案内に引っかかってしまいました。

あ、しまった間違えたと思ったけれど、疲労と睡魔で諦めてしまい、、1.5kmほどの距離を30€とられました。散々、料金高いよね?白タクあっちにいるから乗ろうかな。20€いかないと聞いたけど?とか抵抗してみたものの、向こうもこれが料金だもんと言いながら目を大きくして見せて、親父さんはとぼけ続けるので、騙された私は仕方なく…ちゃんと送ってもらえたのでよかったですが、、皆さん気を付けてください。

 

フロントで聞くとタクシーは19€でホテルからの無料の小さなミニシャトルバスも出ていました。

私の乗りたい時間は満席だったので、諦めて、最寄りの道路から5分置きに出ている無料循環バスに乗って朝は再びマルペンサにもどりました。

 

早速イタリアだね〜

気をつけよう。

 

 

 

秋のイタリアへ

イタリアの結婚式

ブログで応募していた、フィレンツェでのウエディング撮影ですが、たくさんお問い合わせいただきありがとうございました。

募集期間後も数件の連絡をいただき大変嬉しく思います。

 

今回のイタリアは下記の期間で行くことに決定しました。

10月27日にミラノに入り、南下予定です。

最終ナポリまで降りていきます。

 

今回は、パルマやクレモナも訪れてみたいと思っていて、

その後、フィレンツェではオリーブ収穫のお手伝いと新たな撮影スポットの散策、

ナポリではモッツァレラチーズ工場の見学、ナポリの撮影スポットの散策、

新たな魅力発掘をして来たいと思っています。

 

その期間で撮影可能なのは、

10/31 ミラノ

11/5〜10 フィレンツェ

11/11〜14 ナポリ

 

 f:id:nazucci:20160801005452j:image

 

<撮影コース>

▪️半日撮影、3時間程度 

街のドーモ中心に、メインスポットを観て回りながらパチリパチリ

ネムーンの空き時間に楽しめます。 

▪️1日撮影、6時間程度 

しっかり撮影、メインスポットの街や、少し距離のある場所、

朝日や夕焼けの時間に合わせれば、また違った街の表情を楽しめます。

早朝か、夕方撮影にすることで、お二人の観光の時間も確保できます。

▪️フル撮影、12時間程度

がっつり撮影です。一つの街をこんだけ撮影で楽しめたら、次回はその写真を眺めてぜひ家族で撮影地を巡ってほしいと思うくらい、満喫していただきます。

 

後日、日本に帰国してからセレクトし、現像データをお渡しいたします。

撮影のみ➕データ納品 でのご提供となりますので、この他、ヘアメイクやご衣装などはお客様ご自身でご準備いただきます。

*ヘアメイクなど、手配で不安なことなどがある場合にはご相談に応じます。

アルバムはオプションとなります。

 

料金は、

半日コース 5万円(税別)100カット

1日コース      7万円(税別)200カット

フル撮影コース 12万円(税別)300カット

 

アルバムは、ご希望の製本サイズ、ページ数により金額が異なりますので、目安でお考え下さい。

記念三面台紙  1.5万円(税別)

アルバム写真集 30P 3.5万円(税別)〜

アルバム写真集 60P 6万円(税別)〜

アルバム写真集 100P 9万円(税別)〜

 

 

ご興味がある方見えましたらメッセージください。

italia@nazu-photo.com

 

撮影参考写真はインスタグラムをご覧ください。

https://www.instagram.com/nazu_viaggio/

 

国内撮影ホームページ

nazuphoto.com

 

 

 

 

 

L'Opera Il trovatore オペラを見に

イタリアもろもろ

先日、ミラノでオペラ歌手として頑張っている友人が、日本でも舞台に出るという事で見に行ってきました。

 

彼女とはイタリア人を通して知り合い、それから縁があり交流を深めています。

 

イタリア語を勉強していると、イタリアオペラ、映画、料理の事は会話にたくさん出てきますが、私の興味は美術や世界遺産ばかりでしたので、オペラはなんとなく遠い存在でした。

 

過去に音楽の街、オーストリアウィーンで楽器のコンサートを聴いたり、イタリア留学中にもコンサート的な演奏会や、個人が教会で催す小さなコンサートは聞いたことがありますが、オペラというのは今年2度目です。

 

歌って踊ってと、ディズニー映画のような、劇団四季のような、似た要素がありますが、イタリアオペラは古典的で役を演じながら、人間の感情を歌で表現していきます。今回のイル トロバトーレは有名なVerdiヴェルディの作品ですが、とても人間の暗くて黒い部分の多い作品で、その中でも、人を一途に愛するというハイライトな部分が私たち観客を魅了します。

 

昔の人たちの娯楽を今もこうして受け継がれ楽しめる事に、なんだか感謝しつつ、イキイキと表現する友人の魅力にすっかり心を奪われました。

f:id:nazucci:20160623110043j:image

 

f:id:nazucci:20160623110101j:image

フィレンツェの革文化を感じに

イタリア生活

ずいぶんと前になってしまいましたが、少し懐かしい写真が出てきたので、思い出してみたいと思います。

 

2008年 私は5年勤めた会社を退職して、2ヶ月間フィレンツェに行きました。

本当は3ヶ月の予定でしたが、あまりにもユーロが高くなってしまって、予算オーバーになるため3ヶ月にとどめたんです。

その代わり締めくくりにオーストリアに立ち寄って1人旅を堪能して帰国したんですけど。

 

仕事をやめて、何が自分には向いていて、何がやりたいのかかなり迷っていた時期でした。

とにかく3度目のイタリアに行くことは決めたので、この長期間に何をしよう?

と色々考えた結果、当時無性に革に興味があったので、いつか革鞄の職人になろう!なんて思って軽い気持ちで革鞄が学べるスクールを選びました。

それが、フィレンツェにあるアカデミアリアチ。

 

しかし、2ヶ月なんていうのは大変短い期間で、学校にあった機材も老朽化していて、こんな短期間で一から学ぶのはそもそも難しかったんですね。

それでも入れ替わりのある日本人とアパートをシェアしながら学校に通い、いい出会いがありました。

 

それにこの時はイタリア語なんて話せない状態で行ったので、より日本人同士が一緒にいることになるんです。そんなこんなで皆んなで情報交換したり、幅広い年齢層が集まって小旅行に出かけたり、かなりお気楽に楽しく生活していました。

 

こんな状況で、ある日幼馴染みが遊びに来て、2週間滞在していきました。

彼女は独学でポルトガル語をやっていたので、私のイタリア語に比べれば、彼女の理解力はかなり高いものでした。

友達が現地の人々とどんどんコミュニケーションをしていく様子を見て、話せたらもっとイタリアが好きになるかも。なんてふと思ったのです。

 

私の語学はこの帰国後の秋から、のらりくらりスタートしていきます。

 

結局革のスクールで得た物は、革の工程の理解と、学校体験、日本人の友達、語学勉強のきっかけ。でしたね。

何がどうつながっていくのか分からないですが、とても楽しいいい思い出が出来ました。

 

若いうちに多くの刺激と冒険を重ねてきた結果、イタリアとの交流を深めたいと思うようになり、自分の中で大切にしたい気持ちです。

 

写真はスクールでの記念。学生パンフレットみたいで初々しい。

 f:id:nazucci:20160608131231j:image

f:id:nazucci:20160608131214j:image

 

フィレンツェで残すウエディングフォト

初めてイタリアに訪れたのは2002年の3月。もぉ14年も前になるのです。

時の早さに驚きます。
それから少ない給料を貯めては何度もイタリアに通い、語学を始めるようになり、イタリアの光と影の部分を自分の足と目で見て感じ、たくさんイタリアから得るものがありました。
 
イタリアにはとても美しい景色、歴史が溢れています。
まだまだ訪れたい場所があります。
 
日本人は新しいものを常に取り入れながら進化させていく。そおいう事が得意で、便利で、毎日モノに溢れた文化の中で生きていると、イタリアでの不都合というのは、むしろ新鮮で、懐かしいものでもあります。
生きる事はどおしてもモノが増えていく。
でも、イタリアで生活していると本当に必要なモノってそんなに無かったりします。
 
心が自由になるイタリア。その理由はこんな事からかもしれません。
 
前回素敵な写真集を見つけて、すっかり魅了されてます。
この秋にまたイタリア行きを検討しています。
撮影の為に行きます。
もしご都合とご予算あるかた見えましたら、被写体になってください。
 
f:id:nazucci:20160521190149j:image
 
トスカーナ地方、オルチャ渓谷、キャンティ、フィレンツェ辺りを中心に撮影予定です。
気になる方はお気軽にご連絡ください。
イタリアでお会いできるのを楽しみにしています。
mail: italia@nazu-photo.com
HP: nazuphoto.com
 
インスタグラム写真ギャラリー
 
f:id:nazucci:20160521185913j:image
↑こちらは今年2月の撮影より
 
 
 
 
 
 
 
 

9月末から10月半ばごろフィレンツェ行かれる方いませんか?

イタリアの結婚式
f:id:nazucci:20160520155944j:image
 

この秋にフィレンツェにハネムーンに行かれるカップルの方にお知らせです!

 
フィレンツェでウェディングドレスを着てハネムーンの旅の思い出を残せたらと思っています。
日本人の奥様が経営する至れり尽くせりのアパートに宿泊し、ポンテベッキオ、ドーモ、ウフィッチ美術館まで徒歩3〜5分という最高の好立地で、日本人ならではの、至れり尽くせりのおもてなし環境が整っています。お部屋のセンスも抜群で居心地がとてもいいです。
オプションでワインの産地キャンティー、イタリア人宅での料理レッスン、シエナへの旅なども付き添い撮影可能です。
 
また、ポンテベッキオの芝生エリアでのお写真も撮影可能です。
通常、親しい人の紹介がないと入れないエリアの為、毎回相談しながらの芝生エリアになりますが、入って撮影出来たら、かなり特別な体験になるかと思います。
 
f:id:nazucci:20160502203337j:image
 
映画のような本当に素敵なアパートで、ハネムーンフォトのお支度をして頂き、そこから街に繰り出します。
ヘアメイクが必要な方には日本人スタイリストがお客様に似合うスタイルを提案しながらご案内させて頂きます。
 
f:id:nazucci:20160502203542j:image
 
f:id:nazucci:20160502203627j:image
 
美しい中世の街フィレンツェで沢山の思い出の写真を撮りましょう!!
 
まだまだ走り出したばかりの企画なので、今回はWeb掲載可能なお客様で、サンプルになって頂ける方を探しています。
 
カップルにご用意頂くものは、
男性はスーツ一式、女性はウェディングドレス、ヘア飾りブーケなどの小物類。
 
衣装や、現地調達の生花、ヘアメイクなどはご相談下さい。
 
撮影はほぼまる1日になります。
500カット以上の全データお渡しで、お礼に可愛いフォトアルバムをプレゼントさせて頂きます。
 
料金は、
カメラマン撮影費+アシスタント代 12万円(税別)※通常の半額
ヘアメイク代 5万円(税別)
※カメラマン私の渡航費は今回は頂戴致しません。
この他、必要なご衣装はご自身でご用意頂きます。
撮影希望場所で入場料金や移動料金が発生する場合はお客様のご負担となります。
 
写真を撮る事が中心ですので、結婚記念としてイタリアでお写真残されたい方がいらっしゃいましたらお声掛けください。
 
こちらの料金は、このblogを読んで頂いた方、限定3組の募集となります。
受付期間は6月末までを予定しています。
 
渡伊予定は9/22〜10/20辺りで検討中です。
 
気になる方はお気軽にご連絡ください。
イタリアでお会いできるのを楽しみにしています。
italia@nazu-photo.com
 
HP: nazuphoto.com
 
ホームページに、2月に撮影したお客様の声を追加しました。
 
f:id:nazucci:20160502204423j:image
 
 
インスタグラムにて、イタリア写真ギャラリー公開中です。
 
※この他、ヴェネチア、ミラノ、その他の地域での撮影希望のお客様は、交通費と宿泊費が必要となりますが、ご相談頂ければ撮影可能です。
 
 この募集は終了いたしました。
沢山のお問い合わせありがとうございました。
 
定期的に募集を行いますので、またの機会にぜひお願い致します。
 
 
 

イタリア語検定、準2級

イタリア語
イタリアから帰国して早々、準二級のイタリア語検定を受けました。
受けてみて、あーこれは自信ないなぁと思って昨晩結果が届いていたので詳細を見てみました。

合格基準のリスニング2点足らず、筆記2点足らず、合計だと6点足らなかった〜

ざーんねん。

いざ検定になるとやっぱり曖昧なところがあって、コミュニケーションとは違いますね。

また引き続き頑張りましょう。
のんびりのんびりマイペースに勉強中です。

f:id:nazucci:20160427175514j:image